戦国ミュージアム

ビジュアルな表現は、
その画角内に未表現を残しては説得力がなくなる。

 
文章表現は、数値化表現、詳細表現、時間経過内容を、一定時間をかけて行う
一次元コミュニケーションであるが、そこでは不明点を避けての記述が可能である。
 
一方ビジュアルな表現は、その画角内に未表現を残しては説得力がなくなる。
形と色に関してその全て表現しなければならない。
 
このため、歴史事件のビジュアル化は、絶対の事実・推測・可能性の高い仮説が、
多様に入り乱れる。
 
「戦国ミュージアム」では、事実と、推測と、仮説をいかにバランスさせ、美しく見せるか。
その葛藤の結果を二次元表現(平面)と三次元表現(立体)で観察していただきたい。