戦国大名と城

ハードウエア(城)が、ソフトウエア(築城展開)を語る。
 
戦国大名の築城展開は、おのおの独特である。
織田信長は、自らは山城を本城としたが、配下の実力者である柴田勝家や、
羽柴秀吉、明智光秀などには、山城を居城にさせないケースが多い。
織田信長帝国全体の築城戦略に基づいた結果である。
 
戦国の気風が残る江戸初期、徳川幕府の築城展開にも同様の戦国ロジックが働く。
織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、徳川家康など、彼らの築城ネットワーク観察から、
その戦略、そして彼らの文明構造を掴もう。