真田丸の攻防

慶長19年(1614) 徳川家康 対 豊臣秀頼
城外の独立堡塁として機能した真田丸

慶長19年になり、徳川家康は、徳川政権確立の最後の仕上げにかかった。
大坂の豊臣秀頼を攻めたのである。

大坂城の弱点は南方の台地続きである。
豊臣秀吉はこの台地を切断する”惣構空堀”を掘ったが、弱点には変わりなかった。
このため真田幸村は惣構のすぐ外の台地東辺に真田軍を収容する真田丸を造り、
徳川軍に備えた。

徳川軍は南方から迫り築山を盛り、竹束を楯に真田丸に圧力を懸け、
慶長十九年十二月四日早朝攻撃に出るが、真田軍などの豊臣方に撃退される。

惣構内には町家が並んでいたが(画は城内の軍事構築物以外は省略)、
城外の町家は徳川軍の利用を阻害し、見晴らしを良くするため豊臣軍により焼き払われていた。

東方から見た真田丸

(図の解説)画は東方から見た真田丸。真田丸の北(右方)の空堀が”惣構空堀”で、 真田丸の西に延びる。 惣構空堀の南に包囲の徳川軍、遠方は船場方面、海は大坂湾。

堀を挟んだ攻防

(図の解説)堀を挟んだ攻防 真田丸の堀は、東側以外は空堀であり、堀の外と、 塁壁斜面の下と中間に「柵」が設けられた。 塁上の塀には二段に鉄砲狭間が用意され、櫓をいくつも並べていた。 徳川軍は、堀の外に「築山」を盛って真田丸の中を観測し、 銃撃・砲撃を行っていた。

虎口の強化

(図の解説)虎口の強化 真田丸は一つの大きな「馬出」と考えることもできるが、 その他にも臨時に馬出構造の強化工事が成されたようである。 上町台地に向った「八丁目口」「谷町口」も臨時に強化されたらしい。

戦術上不必要な橋は、大坂方によって全て破壊された

(図の解説) 戦術上不必要な橋は、大坂方によって全て破壊された。

(新人物往来社『別冊歴史読本』90年1月に掲載より抜粋、加筆)

©Hisao Fujii