空からフィールドワーク

以前、駿河小山町にある足柄城を、調査した。
小山町が作る『小山町史』に掲載するためである。

足柄城は、足柄峠を城内に取り込んだ城である。
この足柄峠を通過する道は、古代の東海道と考えられている。
現在は、かつての街道が自動車道路となり、城内まで短時間で到達できる。

城跡のフィールドワークは何度も行ったが、「一度上空から俯瞰してみたい」と発言したところ、さっそく町役場が動いてくれた。
小山町には、陸上自衛隊富士教導団が駐屯しており話は早い。
自衛隊のヘリコプタで“体験飛行”をすることになった。

このヘリで御殿場の空を飛ぶ

このヘリで御殿場の空を飛ぶ (体験飛行は無目的ではなく、一般的には「自宅上空」や 「出身小学校上空」など、 可能な範囲で目的地をリクエストできる)

米軍基地

フィールドワークの季節は“冬”である。
草が枯れ、木の葉が落ちると見通しが良いからである。
航空測量も冬が基本である。
落葉樹の木の葉が落ちると、上空から地表が見える。

“体験飛行”の前日、小山町は雪であったが、当日は早朝から快晴となった。
朝、教導団のヘリポートへ向おうとした時、教導団から役場に電話があり、
集合地が御殿場の「米軍海兵隊キャンプ」へ変更となる。
教導団のヘリポートが、雪で使えないとの事。

数キロしか離れていないが、小山町と御殿場市では気候が違うのである。
この日、御殿場には雪が無い。

米海兵隊のキャンプに行くと、自衛隊の出先事務所があった。
話を聞くと、富士教導団にはヘリは配備されておらず、わざわざ立川基地から
回送してくるという。

御殿場の米軍海兵隊キャンプ、右遠方が富士

御殿場の米軍海兵隊キャンプ、右遠方が富士

立川を発ち丹沢を越え、御殿場の米海兵隊基地で我々を乗せ、戦国時代の足柄城や、
箱根付近、小山町の他の城跡上空を飛び、また海兵隊基地に降り、そして丹沢を越えて
立川に戻る。
ちょっとした“山岳機動作戦”である。

この“機動作戦”には、ヘリの通常の燃料タンクだけでは不足なので、一部の座席を撤去し、
燃料タンクを増設し対応する。
ということは、前日に立川基地で座席の撤去や、タンクの増設をしていた訳である。

当日の“機動作戦”で、我々から難しい飛行をリクエストされると、考えていたのかもしれない。

足柄城

足柄峠は、駿河と相模の境の峰上にある。
この峠道は、前記したように古代からあった街道であり当然、峰越えしやすい場所が選ばれ
街道となっている。

この街道を封鎖するために、この足柄城は造られた。
現在の足柄城の遺構は、小田原北条氏が、秀吉の攻撃に備え、天正15年(1587)ごろから
強化工事を行ったものである。

逃げ込み山城ではなく、街道の封鎖を予定した城なので、一般の山城とは違った趣がある。

箱根猪鼻山、険しく際立って見える

箱根猪鼻山、険しく際立って見える

ヘリに、足柄城の上空を旋回してもらい、写真を撮ろうとする。

しかし、自衛隊ヘリのパイロットは現代戦のエキスパートでも、戦国時代の城跡を
上空から確認できない。
藤井は堀跡を確認できても、地形的特長が表現しにくく、旋回ポイントがうまくパイロットに
伝わらない。

結局パイロットは、何をさせられているのか良く分からないまま、半信半疑でヘリを旋回させる。
他にも幾つかの城を見たが、どれも確認しにくい場所ばかりである。

上空から見た足柄城

上空から見た足柄城、堀跡の確認は不可能に近い

西方には富士が裾まで雪化粧をし、快晴の乾いた空気の中でまぶしく光っている。

一般の体験飛行であれば、この富士に搭乗者全員が感動して大成功となるが、
この日の“体験飛行”は、ちょっと違っていたようである。

北西から見た足柄城復元鳥瞰図

北西から見た足柄城復元鳥瞰図。 図の右下方向が、御殿場方面、遠方が箱根連山方向となる。 右方面から来る秀吉軍を想定している。

鳥瞰図

戦国時代の城は、現在建物は無く、石垣も無く、水堀も無く、山林や畑になり、
現地で写真を撮っても、後に何が撮られているのか不明なことが多い。

このため藤井は、復元鳥瞰図を描いて表現しているが、単に現地をヘリで鳥瞰しただけでは、
やはり地上にいて分かりにくいのと同様、分かりにくい存在なのである。
ヘリからの観察は、城の周辺全体の広い空間を掌握するのには優れており、
占地されている地形は良く観察できる。

しかし、城跡内部は、落葉樹、常緑樹、畑、水田、民家が混在している。
やはり、地表をフィールドワークしなければ分からない部分は多い。

人が空を飛べても、地上のフィールドワークは大切である。
“体験飛行”の後、ヘリから撮った写真を手に、数度現地を歩いて「復元鳥瞰図」を完成させた。

完成した復元鳥瞰図の中心部分

完成した復元鳥瞰図の中心部分

(資料提供・静岡県小山町教育委員会)

©Hisao Fujii