黒い砂

関西の人間が東京に住み、湘南海岸に行くと必ず海が汚いと言う。
海岸の砂を見て「こんな海でよく泳いでいる」と言う。
瀬戸内海の“白砂青松”の海とは違うのである。

何が違うのか、砂である。
海が汚れているのではなく、砂が黒いのである。
地元に住んでいる方々には常識であるが、湘南の砂浜には砂鉄が多いのである。

砂鉄の多い海岸は、千葉・茨城から、青森・北海道まで太平洋岸に広く分布している。

鎌倉の稲村ガ崎、この岬を回りこむと鎌倉の市街である

鎌倉の稲村ガ崎、この岬を回りこむと鎌倉の市街である

湘南海岸の鎌倉は、幕府が開かれる以前からすでに武士社会の拠点の一つだった。

これは、鉄の産地だったことも要因のひとつだろうと言われている。
近年鎌倉の砂鉄で、備前長船の刀匠土田範仁氏が短刀を造り、鎌倉の鋼が優秀だったことが
知られた。

鎌倉は、刀剣造りの伝統がある。
藤井が小学生のころ、夏休みの臨海学校の宿舎が鎌倉の材木座海岸にあり、その宿舎の横が刀鍛冶の仕事場であった。
その仕事場で話を聞くと戦争中はそこで、軍刀を大量生産していたのだという。

鎌倉では、鉄と武器と武士の関連は一つの軸でつながっているのだろう。

この黒い砂にどれだけの砂鉄が含まれているのか?

この黒い砂にどれだけの砂鉄が含まれているのか?

最近、新田義貞が戦ったと言われている稲村ガ崎をフィールドワークする機会があった。
以前から気になっていた鎌倉の砂鉄である。
フィールドワーカーとして、もう一歩踏み込み、砂鉄はどのくらいの含有量なのだろうかと考えた。
そこで、ペットボトルに海岸の砂を入れ持ち帰って調べてみた。

黒い砂に磁石を入れるといくらでも砂鉄が取れる。

黒い砂に磁石を入れるといくらでも砂鉄が取れる。

持ち帰った海岸の砂は531gであった。
この砂に磁石を入れると、砂鉄以外の砂も砂鉄と共に持ち上がってしまうほど含有量が高い。

そこで、理科教材用のあまり強力ではない磁石を使って少しずつ、砂鉄とその他の砂を
より分けてみた。
山砂鉄の含有量は、1%~3%ほどと言われている。
川を下り、海で揉まれた鎌倉の砂鉄は、含有量が上がっているはずである。(注1)
左が砂鉄、右が分離後のその他の砂。その他の砂も黒い。

左が砂鉄、右が分離後のその他の砂。その他の砂も黒い。(注2)

磁石でより分け採取できた砂鉄は221gであった。
持ち帰った砂の全量が531gだったので、何と海岸の砂の41%が砂鉄ということになる。

中世文書の中に、相模の内陸から、「鎌倉の砂」(砂鉄ではなく砂)を取り寄せる書状が
残されている。
鎌倉は都市だったので、人件費が高かったと想像できる。
海岸の砂にしめる砂鉄の含有量が高ければ、鎌倉で砂鉄をより分けてから運ぶのではなく、
砂ごと送らせ、到着地の安価な労働力を用い、砂鉄とその他の砂をより分けるやりかたが
経済的だったのかもしれない。

夏の湘南海岸の黒い砂は、太陽の熱をたっぷり吸収する。
とても裸足では歩けない。
何と言ってもそこは“焼けた鉄の上”なのだから・・・。

注1)
鎌倉の砂鉄の多くは極楽寺川から流れ出たと考えられている。

この小川が極楽寺川。

この小川が極楽寺川。


注2)
海岸の砂から砂鉄を取り除いても砂は黒っぽい。この黒色の砂は、古銅輝石と呼ばれる鉱石なのかもしれないが未調査である。

©Hisao Fujii