ま行

枡形虎口 (ますがたこぐち)

門を二重に設け、門と門の間に小区画を設ける虎口形式。
多くは小区画の中で通路が直角に曲がる。

水の手 (みずのて)

城の水源地。籠城にそなえ、井戸・泉・池 等を城内に取り込んだ
飲料水確保の場。
城域を設定する時点に水の手の防禦を含め、全体防禦計画がなされる。

御正作 (みそさく)

在地領主が直に経営する水田を言う。

©Hisao Fujii