や行

館 (やかた)

治世や生活に重点を置き、簡単な塁壁で守られた施設及び空間。
またその中の建築物のみを指して呼ぶ。

櫓台 (やぐらだい)

櫓などの防禦用建築物が建てられる面積を頂部にもつ土壇。
独立したもの、土塁と連続したものがある。近世城郭では石垣造りも多い。

山城 (やまじろ)

山の天険を防禦の頼りとした城。

横堀 (よこぼり)

斜面に等高線状に掘られた堀。

横矢掛かり (よこやがかり)

虎口前や塁壁を側面から射撃するための構え。

©Hisao Fujii