さ行

桟敷 (さじき)

櫓の一種。防禦に有利な射撃位置を確保するための簡易な木造施設。

勢楼櫓 (せいろやぐら)

高さを必要とする場所に設けられる裾が広がった櫓。
江戸時代の火の見櫓に似る。
広範囲の観測用のものと、城壁突破の射撃拠点とする
攻城塔機能のものがある。

柵 (さく)

攻者の通過を阻害する障害物。
柵木を人が通過できない幅で掘っ建て並べ、上部を貫で繋ぐ。

©Hisao Fujii