長篠合戦(長篠の戦い)

長篠が近代日本のはじまり

以下は、BS320chで放送された番組
『時空間ラジオ藤井尚夫のフィールドワーク』
「信長戦記・長篠が近代日本のはじまり」をネット用に修正したものです。
この番組は、シリーズの第五回として、2002年1月に放送されました。
BS320chは、音声とハイビジョン静止画が、放送衛星から発信されています。

・・・・・・
(スタート)
(テーマ曲「近東雲/NOB CANE」)

豊川の流れ

豊川の流れ。長篠合戦(長篠の戦い)は、この豊川水系全体が戦域となった。(愛知県南部)

(ナレーション・「タイトルコール」)

(藤井) 今回は、織田信長の鉄砲隊と武田の騎馬軍団の戦いと言われている「長篠の戦い」を検証してみましょう。
(ナレーション) 時空間ラジオ。今回の旅は、長篠の戦いである。 それにしても、この藤井のこの言葉、 「織田信長の鉄砲隊と武田の騎馬軍団の戦いと言われている」 この「言われている」と言う言い回しが気になる。 『藤井尚夫の時空間フィールドワーク』今回の鍵はどうやらここにありそうである。

-(以下放送内容を纏めたものです)-
今の競争馬は背が高い。
この競争馬は平地を走るために改良されており、山登りには向かない種類である。
競争馬しか見たことの無い現代日本人は、馬という動物は山を登れないと勘違いしていることが多い。

武田家の本拠は、甲府の躑躅(つつじ)ケ崎館である。
この躑躅ケ崎館で、戦国時代の馬の骨格一体分が発掘された。
埋葬された場所、そして丁寧な埋葬から、それは当時の有力武将が乗った軍馬に違いないと
考えられている。
この武田軍の軍馬を現在の競争馬と比べると、とても小さい。
これが武田軍の軍馬の実態だったのである。

発掘された馬骨の復元

発掘された馬骨の復元。 馬の背の高さは、肩の骨までを計る。武田軍馬の背高は百二十センチメートルしかない。鹿ほどの大きさだ。しかし、骨太で、筋肉が発達していたことが分かった。(資料提供甲府市教育委員会)

サラブレッドは、武田軍の軍馬より50cm以上も背が高い。

サラブレッドは、武田軍の軍馬より50cm以上も背が高い。

復元された軍馬は、短足で骨太である。
この馬は、山登りが得意な馬だ。
山地が多い武田軍の行動範囲では、馬は山登りをさせなくてはならない。
この山登りをする馬は平地を早く走れず、戦場で突撃をさせる馬ではない。

戦国時代には、山城が多く造られた。
山の上まで上るのは大変であるが、上級者は馬で山城に登っていたのである。
自分の足で登る家来は大変だが、殿様には馬があった。
馬は、エレベータか、エスカレータなのである。

山に登る小型馬

山に登る小型馬 これが武田軍団の馬だった。短足で骨太、筋肉が発達した体格は、現代の競争馬とは別の種類である。

藤井の城郭研究の師である故鳥羽正雄博士の家に、藤井は子どものころから
よく遊びに行っていた。
そこで鳥羽博士から聞いた話がある。
鳥羽博士が、地方の山城の調査を頼まれて現地に行ったところ、小型馬が用意されており、
山の上へ馬で登って調査した、と言うのである。
昭和30年代までは、山に登る道具として馬が認識されていたのである。

戦国時代の馬も同じだった。貴人は馬で山を登ったのだ。
山城は馬の存在があって始めて築城と運用が可能だったのである。

上原城復元図

上原城復元図 上原城は武田氏の重要な支城である。(長野県茅野市) 戦国時代の山国には山城が多くあった。 山城は攻められにくいが、生活には不便と思われている。 しかし馬がエレベータとなって人や物資を運んだ。

馬の年齢は歯の減り方で見る。
躑躅ヶ崎館で発掘された馬は、12歳ほどと、調査報告書にある。
人で言えば、40歳ぐらいになる。
大人の馬であるが小型であり、この馬の頭は人の背より低いので、
人込みでは馬は見えなくなる。
競争馬しか知らない人には、信じられないような馬の姿なのである。

しかし、発見された馬は肩甲骨が大きい。
肩甲骨の大きな馬は、前足の筋力が強く坂道を上り下りした証拠なのだと言う。
この馬は、平地を素早く駆け回る馬ではない。
山地の多い甲斐、信濃を領地にした武田家の馬は、
山を登れないと使い物にならなかったのだろう。

発掘された武田軍の軍馬は、背は低く、短足であるが、筋力が強く山を登る馬である

発掘された武田軍の軍馬は、背は低く、短足であるが、筋力が強く山を登る馬である。西国の馬に比べると一回り小型になる。

馬は、山を越えて敵地に侵攻するとき、人と、戦略物資を運んでくれる存在に
ならなければならない。
馬は、戦場で突撃する以前にまず、目的の戦場にたどり着くための移動手段なのである。

江戸時代の軍学書に、騎馬と歩兵の関係を見よう。

『兵法雄監』より

甲州流の軍学書には、騎馬兵が集団で行動する仕組みは解説されていない。騎馬兵は、歩兵を指揮する上級者であり、突撃時は歩兵を率いて先頭を進むが歩兵と共に行動する。その突撃の早さは、歩兵のスピードに合わせなければならなかった。写真の右ページは狭い地形を、歩騎混合チームが二列縦隊で進む図。左ページは、広い地形を横隊になって進む図。上が進行方向。(『兵法雄監』より)

騎馬兵だけで構成された「騎馬軍団」という概念は、日本の軍学には無い。
江戸期の軍学は、戦国期の軍事情報を纏めたものである。
一部の上級者しか知りえなかった戦略的情報で欠落したものはあるだろうが、
個人行動を基本にした戦闘情報は欠落しにくい。
軍学書に現れない「騎馬軍団」という概念自体が、戦国期に無かったのだろう。

戦場の観察

軍馬のイメージがすこし変化したところで、実際の戦場を観察しよう。

長篠の古戦場に復元された観光用の「馬防柵」

これは、長篠の古戦場に復元された観光用の「馬防柵」。実際の防壁は背後の丘陵の中に、切岸や空堀の形で残されている。

長篠の合戦(長篠の戦い)は、織田・徳川連合軍が武田軍の攻撃を支えるために馬防柵を造ったと記録にある。
現在戦場跡には柵があるが、当然最近復元したものである。

しかし、ちょっと戦域内の丘陵をフィールドワークすると、空堀や切岸が見つかる。
それらは繊田軍の防禦線の跡だ。
戦域に防禦工事跡が残ることが知られるのは、先人の方々の努力の結果である。

同様の遺構は、他の多くの古戦場にも残されており、多くのフィールドワーカーによって
戦国の戦場が解明されつつある。

織田軍の陣跡と考えられる切岸

織田軍の陣跡と考えられる切岸。武田方に「城攻めのようだ」と言わしめた織田軍防禦陣地は、この様なものを指しているのではないだろうか。

「馬防柵」とは、単なる木の柵ではなく、堀や、切岸全体の防禦線を指しているようである。
織田・徳川連合軍は、この防禦線内で戦う姿勢を示している。

しかし、なぜ織田・徳川連合軍は、柵や、堀などを造ったのだろうか。(注)

連合軍は、2万以上の兵力がある。
一方の武田軍は1万以下の兵力とされている。
兵力が多い繊田・徳川連合軍が防禦線を構築し、防禦戦法を採ったのはなぜだろうか。

北方から見た戦場

北方から見た戦場 両軍の間を流れる川が連吾川 織田・徳川連合軍は、台地の斜面を用いて防禦線を敷いた。

連合軍の戦いかたは常識的ではない。
連合軍は後詰軍であり、かつ兵力が多いにも関わらず、先手に出ず、後手に回ったのである。

さて「先手必勝」という言葉がある。
先手を採ると本当に必勝なのかと言うと、必ずしも先手に出た側が勝利しているとは限らない。
この長篠合戦(長篠の戦い)もそうである。

両軍の間を流れる連吾川

両軍の間を流れる連吾川。 左の丘が織田軍の陣。


(注)連吾川沿いの台地に残されている切岸や堀は、元亀二年に長篠城を武田軍が掌握した時点に、武田方の行動を押さえるため、徳川軍によって造られたものも混在する可能性がある。


1 2

©Hisao Fujii