長篠合戦(長篠の戦い)

合戦の起こりと展開

長篠合戦(長篠の戦い)はなぜ始まったのか、話しを戻してここから考えてみよう。

信玄の息子の勝頼は、織田信長・徳川家康を合戦で負かしたかった。
このため、徳川の支城である長篠城を包囲して、織田・徳川連合軍が、後詰に来ることを期待し、その後詰軍と合戦を行いたかったのである。
これは勝頼の無き父、信玄の悲願でもあった。
連合軍は、勝頼の期待どおりの後詰に動いた。
そして決戦にいたった。この展開を一言で言うと「長篠城をコアとした後詰決戦」なのである。

“後詰決戦”とは、籠城している味方の城を敵が包囲した時点に、救援軍が出撃し、
包囲軍を駆逐する戦いを呼ぶ。
長篠合戦(長篠の戦い)は、長篠城を武田軍が包囲し、後詰に出た織田・徳川連合軍との間で
起こった“後詰決戦”となる。

長篠合戦(長篠の戦い)の展開の1

長篠合戦(長篠の戦い)の展開の1 長篠城を武田軍(赤)が包囲した。長篠城を後詰するために、織田・徳川連合軍(青)が出撃した。決戦を望む武田軍は、織田・徳川連合の後詰軍出撃は想定内の展開であった。

長篠合戦(長篠の戦い)の展開2

長篠合戦(長篠の戦い)の展開2 正面攻撃の意志が無い織田・徳川連合軍は、別動隊を組織し、長篠城に兵員、武器などを送り込もうとする。一方武田軍は、別動隊の行動を知らず、主力間決戦に備えて自軍を西方(図では左)へ展開した。

長篠合戦(長篠の戦い)の展開3

長篠合戦(長篠の戦い)の展開3 織田・徳川軍の別動隊が長篠城に突入し、長篠城が解放された。この行動で織田・徳川連合軍の目的は達成されている。しかし、武田軍の目的は主力間決戦にあった。このため、長篠城は解放されたが、あくまでも決戦を遂行した。だが、武田軍は連合軍の戦線を突破できなかった。数の多い織田・徳川連合軍に反撃され負けることになる。

まず織田・徳川連合軍が第一にやったことは、長篠城が落城しないように、
救援部隊を武田軍の背後にまわして、武田の主力とは戦わずに
長篠城に突入させたことである。
長篠城は、武田軍が周囲に砦を造って包囲していたが、織田・徳川連合軍は、その砦の一つ、鳶ヶ巣山砦を突破して長篠城に到達できたのである。同時に大量の鉄砲も持ち込んだ。

戦場の南にある船着山。

戦場の南にある船着山。 別動隊はこの山の南側を迂回した。

長篠城本丸の空堀。

長篠城本丸の空堀。 左遠方の山が武田軍の鳶ヶ巣山砦。

連合軍はこれで、出馬した最低の目的が達成できた。
正面から武田軍と戦った結果ではないが、武田軍に長篠城を奪われる心配は無くなった。
主力決戦は行わなかったが、織田・徳川連合軍は、軍事目的は達成されている。

対戦している武田軍はどうだろうか。
武田軍は、予定が狂ってしまった。
当初武田軍は、織田・徳川連合後詰軍が長篠城を解放するため、武田の主力に向って
攻めてくると考えていたのである。
そして、その決戦で織田・徳川連合軍を破り、一気に南三河の領有化を計りたかた。
武田軍はこの事前計画を、連合軍別動隊が長篠城を解放した後でも、遂行しようとしている。
武田軍は、決戦に出た。

連吾川を挟んだ主力間戦闘において織田・徳川連合軍は、武田軍に先手を渡し、
自らは後手になって武田軍の攻撃力が鈍るまで、防禦に徹する考えである。
この時頼りになるのが、堀、土塁、切岸、柵である。
この防禦構築物を用意することで、武田軍の攻撃を鈍らせ、兵力の多さで防禦に徹すれば
戦線は守りきれる。

織田軍が陣を敷いた丘に残る空堀

織田軍が陣を敷いた丘に残る空堀。

戦場での陣形移動など、高度なテクニックを持つ武田軍に対し、織田方は、兵力は多いが、
寄せ集めであり、テクニック不足だ。
指揮系統も臨時に作っている。

例えば信長は、この戦場に動員しなかった武将の配下の、鉄砲兵のみを呼び出して
前線に配置していることが知られている。
この織田軍には、戦場での高度な動きが伴う駆け引きは無理だ。
ならば動かないのがいい。
敵に、防禦線の外では自由に動いてもらい、防禦線から手前には一切入れない。
敵の攻撃に戦線が突破されそうになったら、予備の兵を振り向け、押し返す。
予備の兵力は有り余っているのだから。
そうして敵が、それ以上の前進ができない時点に至ったら、織田・徳川連合軍は、
予備の兵をあわせ、全軍が一丸となって反撃し、武田軍を殲滅する。
これが、敵に“先手”を預け、自分は“後手”に回る「後手必勝」の戦い方である。

これを実行するには、兵の質は劣っていても、反撃できる豊富な兵力があれば良い。
兵力が多ければ、この単純な戦法は有効なのである。
織田・徳川連合軍は、このようにして武田軍を打ち負かした。
この“後手必勝”の戦法は、その後、必勝パターンとして賤ヶ岳合戦や、小牧長久手合戦、
関ケ原合戦などで幾度も用いられることになる。

戦国時代の終焉

長篠合戦(長篠の戦い)の後、賤ヶ岳合戦や、小牧長久手合戦、関ヶ原合戦など大きな合戦は、長篠合戦(長篠の戦い)の「勝ち組」参加武将の仲たがいである。
これらの合戦は、かつて織田軍として同じ戦線にいた味方同志の闘争である。
それらの戦場では、両軍とも長篠合戦(長篠の戦い)の再現を狙い「後手必勝」を画策していた。
長篠で使われた“後手必勝”の戦法は、多数決原理の“実行方程式”だったのである。
この長篠合戦(長篠の戦い)で信長は、強力な勝利の方程式を完成披露したのだ。
長篠合戦(長篠の戦い)は「多数決」の原理で勝敗が決まった。
長篠合戦(長篠の戦い)は“量こそ正義”との考えを定着させた瞬間だったのである。

戦闘に勝つには戦闘が始まる前に、烏合の衆でも良いから兵力を少しでも多くかき集めよう。
多数派工作が結果を出してくれる。
量で行う戦闘をいくつも経験した日本は、多数が勝つ論理を「常識」として会得した。
この「常識」のおかげで日本は、戦国時代を終了することができたのである。

最大の激戦地だった竹広地区

最大の激戦地だった竹広地区。 背後は徳川軍の展開地域。

この「意を通すために衆をたのむ」論理、ここに日本的多数決原理の原点がある。
現代日本の民主主義を支えている多数決原理を「日本」は長篠合戦(長篠の戦い)で学んだ。
長篠合戦(長篠の戦い)は、教科書にあるように、近代兵器の「鉄砲」が、旧来の「騎馬軍団」を破ったから近世のはじまりなのではない。
長篠合戦(長篠の戦い)は、現在の社会システムの根幹にある“多数決原理”を生んだ
戦場だったから、近代日本の始まりなのである。

(エンドナレーション)

フィールドワークはいろんなことを教えてくれる。
この原っぱで近代日本が生まれた。
それは鉄砲が騎馬軍団に勝ったという単純なものではなかった。
歴史は常に瞬間の積み重ねである。

長篠合戦(長篠の戦い)という、瞬間の成功が後の日本に数多くの影響を与えた。
それを知る事が出来たのは、遠か未来に生きている者だけなのだ。
歴史を振り返る面白さはそこにある。
時空間フィールドワークは、その第一歩なのである。
(エンドタイトル)

作・出演 藤井尚夫
構成 塚田正人
協力 FM東京、インテリジェントTV・フォーラム


1 2

©Hisao Fujii