上原城

上原城(武田軍団の軍事的中心) 長野県茅野市

長野県茅野市、諏訪盆地のほぼ中心近く東辺にこの上原城はある。
上原城は信濃の名族、諏訪氏の本城であった。
天文11年(1542)の武田信玄侵入により、諏訪領は武田氏のものになり、
上原城には大改修が加えられた。

城は平地からの比高約200mの山頂部の“山城”と、その麓の“館”からなる
典型的な「根小屋式山城」といえる。

武田氏は信濃方面で軍事行動を行うとき、この上原城下に軍団の集結を行ない、
行動の起点としている。
このため、万を越す兵力が城下に長期間在陣できる設備を持たせていたようで、
城下を通過する“甲州街道”を軸に城下町が形成された。
また麓の館(根小屋)は武田家の当主の在陣にふさわしいものであっただろう。

甲府の躑躅ヶ崎館は、武田家の政治の中心地であるが、甲信の兵を合わせ持つ
武田軍の軍事的中心地は、軍団の集結地であるこの上原城だった。

武田信玄による諏訪領侵攻は、武田帝国のスタートであり、上原城の存在はその象徴であった。

しかし天正10年(1582)織田信長による武田攻め時点に、
上原城で指揮を執った武田勝頼は、この城で武田帝国の崩壊に立ち会うのである。

画は、上原城を南方から見たもの。

画は、上原城を南方から見たもの。

山城の背後の尾根続きには、二本の大きな掘切が入れられている。諏訪氏が滅亡したのは、
本城の上原城ではなく、その北の桑原城に逃げ込み桑原城が落城したことにより
終末を迎えている。

(新人物往来社『歴史読本』昭和63年8月に掲載より抜粋、加筆)

©Hisao Fujii