虎口

グスクの虎口にはアーチ構造(石造拱門)が見られるが、アーチ技術を取り入れたのは、
グスク時代の末期と考えられる。

また、人工のアーチではないが、自然の岩孔を利用したり、くり抜いたと思える虎口が、
安慶名城(あけなグスク)や玉城(たまグスク)に見られる。

グスク時代後期に作られたアーチを持つ虎口の前方は、左右から門前の迎撃ができるように
石垣を迫り出させ、横矢掛(よこやか)かりの構えが設けられているものが多い。

軍事的要求がこのような形態を生んだのだろう。

アーチを持たない櫓門も多用されたようで、糸数城にその跡がみられる。
首里城には戦前まで櫓門が残されており、現在は復元されている。

©Hisao Fujii