座喜味城

座喜味城(ざきみグスク)

沖縄本島中部西海岸側の北部と中部が接する境界に位置し、国頭(くにがみ)マージと呼ばれる標高125m前後の赤土台地の上に造られている。

沖縄の城の多くは、地の利を生かして石灰岩の独立丘や石灰岩丘陵上に造られているが、
この座喜味城の様に粘土質の丘の上に築かれているのは非常に珍しい。

この城は、護佐丸(ござまる)によって15世紀前半に築かれたとされている。
護佐丸は当初座喜味城の北東5Kmにある山田城におり、中山側の北山に対する防禦ラインの任務を負わされていたが、1416年北山の滅亡後その必要もなくなり広大な領地と良港を備えた座喜味城へ移った。

築城に当たっては山田城の石垣を壊して運ばせ、慶良間(けらま)島や与論(よろん)沖之永良部(おきのえらぶ)、遠くは奄美大島や喜界島(きかいしま)等から多数の人夫を徴発したと伝わっている。

城は、上下二つの曲輪で構成され上を主郭、下を副郭と呼び、それぞれの曲輪には
石造拱門(アーチ)がつき連結されている。

主郭は、琉球石灰岩の切石を用い、石垣の高さは最高点で15~6m、
低い所で3mとなっている。

又、城内からの眺望は北に恩納から名護湾を経て本部半島が望まれ、西に東シナ海、
南は王都首里城や浦添をはじめ、中部の地方を見渡す事が出来る。

城主の護佐丸はやがて中城を造り移った。

(座喜味城はユネスコの世界遺産となっている。)

座喜味城

座喜味城

座喜味城主郭の石垣

座喜味城主郭の石垣

副部の虎口

副部の虎口

虎口のアーチ

虎口のアーチ

虎口内側

虎口内側

座喜味城跡正殿跡

座喜味城跡正殿跡

©Hisao Fujii