知念城

本島の南部東端知念半島にあり、太平洋を見下ろす標高100mの丘陵上にある。
築城時期については不明だが、知念按司(あじ:在地領主)代々の居城であったと思われる。
城は、古城と新城が東西に連なり、連郭式の構造となっている。

知念城復元図

知念城復元図

上方の古城は、『おもしろさうし』に「ちゑねんもりぐすく、かみおりはじめのぐすく」「あまみきよが、のだてはじめのぐすく」とうたわれた霊場で天孫氏が築いたと伝えられている。

古城部分は東側の岩山に琉球石灰岩塊による野面積みの高さ1.5~2mの石垣を
めぐらしただけで平場は造成されていない。
この古城より約10m低く、石垣に囲まれた曲輪を新城と呼ぶ。

新城は、第二尚氏三代目尚真王の異母兄弟にあたる内間大親(うちまうふや)が築いたと
いわれている。

新城部分は、東側に正門、北に裏門が開いているが、両門とも拱門形式をとっている。
城内には蔀の機能を有する石垣や琉球の開闢伝説で名高い久高島の遙拝所、
火の神を祭る祭祈施設などがある。

近世の記録によると、17世紀の末には曲輪内の神殿が瓦葺きに改築され、
18世紀に入って重修されたことがわかる。
この神殿はその後、知念番所として間切行政の拠点になった。

知念城の近くには、琉球王が自から祭礼を行った斎場御嶽がある。

(斎場御嶽はユネスコの世界遺産となっている)

知念城アーチ

知念城アーチ

知念城・裏門内部

知念城・裏門内部

知念城・斎場御嶽

知念城・斎場御嶽

知念城から近い斎場御嶽

知念城から近い斎場御嶽

知念城城下町・ ノロ屋敷跡

知念城城下町・ ノロ屋敷跡

知念城から久高島を見る

知念城から久高島を見る

©Hisao Fujii