戸石城

真田家の本城 (長野県上田市)

上田城以前に真田氏が本城としていたのがこの戸石城である。
現在戸石城は、戸石城・本城・枡型城と呼ばれる三つのピ-クを接続して構成されると
解説される。

しかし、この山頂部分は本来の戸石城の一部でしかない。
この城の性格を読み取るには峰東の谷に注目しなければならない。
本城の東、谷の中腹の「水の手」は今も水が湧く。

この周辺は平場が十数カ所あるが、防禦施設ではなく居住空間である。
またそこからさらに南東に下った位置に「内小屋」と呼ばれる畑地がある。
この内小屋の「小屋」とは、城下集落を指す”根小屋”の「小屋」と同じである。

現在畑となっている平地には城下集落が造られていた事になる。
注目すべきと述べたのはこの谷であるが、谷の出口をさらに注目して頂ただきたい。
谷の出口には堀が設けられている。
この谷を塞ぐ堀は、東方は神川の断崖から始まり、西は「戸石城」のピークへ向かって尾根上を登る竪堀となる。
内小屋の谷は、その西側を戸石城・本城・枡型城と連なる山城部分で、
北から東は神川の流れで削られた急崖を持つ尾根に、そして南を、前記した堀で
防禦されている。
東西約400m、南北約500mがその範囲となる。
これが一つの防禦空間としての戸石城である。

太郎山と峰続きとなるこの城山は、春先になると日本カモシカの散歩道になっている。

戸石城平面図

戸石城平面図

(新人物往来社『別冊歴史読本・真田一族』に掲載より抜粋、加筆)

©Hisao Fujii